ネットワークやシステム

ネットワーク構築やシステムを作った会社のものを購入する場合
その会社の言いなりのレーザープリンターをそのまま購入することが多いようです

しかし、そのプリンターが経費削減できない
または、市場でほとんど使われていないのなら考えものです

こちらから指名できる
もしくは、臨機応変に相談できることが望ましいです

購入者もまかせっきりではなく
知識や全体像をある程度知ることが大切です。


感光体ユニット・ドラム

レーザープリンターでの消耗品はトナーが主流ですが
メーカーによっては、感光体やドラムを別々にしています

このメーカーのトナーは、良心的で他の会社より定価設定が安いと
選ぶ場合でも、別に感光体やドラムがトナー3個に1つ

必要になる場合があるので
事前に確認しておきましょう

そして感光体やドラムは、
トナーよりも高価であることが多いですよ

リース

リースでレーザープリンターを使用する場合があります

リースは、まとまったお金が必要なかったり
経費で落とせる

リース手数料がかかるので
現金で購入した場合よりトータル高くつく

ここまでは折込済みです
しかし

リースの大きなデメリットがあります
それは、

業者もリースだから
購入者もリースだから

見落しがちな仕組みです
数十万円余分なお金を払うことも

エプソンOAサプライ

エプソンOAサプライってなくなった

よくよく会社名を見ると
誰でも知っているメーカー名+サプライとかサービスとか

いう名を見る
プリンターでもコピー機でも製造しているメーカーが

儲かるので
消耗品やメンテナンス会社を別に出資して作るのが多いです。

逆に
エプソンOAサプライは、本体に戻ったようですが

AとB

レーザープリンターの消耗品トナーで用意されてる
増量タイプ

例えば
品番Aが6,000枚で3万円
品番Bが10,000枚で4万円

1枚あたり1円安いってのです
そして

Bの方が、共通トナーが出てくることが多いので
更に安くなることが多いのです

プリンター選びでも
お得な増量トナーが在る否か確認するのもひとつの選ぶ指標になりえるか

気をつけろOEMだらけだ

レーザープリンターは、約30社ほどあるのですが
メーカーにおいて、もしくは機種を見ていくと

OEMだらけです

AメーカーがBメーカーにOEM供給して
Bメーカーがいかにも製造したかのように

ロゴやBメーカー名の梱包で販売する
なんだいいじゃないか?って聞こえてきそうですが

自動車でもスズキやマツダ、日産など盛んなんですが
クルマの場合、OEM受けた方は供給したメーカーより

値引きなど頑張っているようです
しかし、プリンターのようなOA機器は

高く販売している可能性や
また、消耗品であるトナーも当然OEMされる

これも定価を高く設定して販売する傾向があります
ということは

ユーザーは、よくよく調べるまたは、勉強しなくては
製造していないメーカーのものを高くつく買い方をする可能性があるのです

結果、レーザープリンター30社どこでもいいのではなく
プリンター選びは、結構重要といえそうです

寿命

レーザープリンターでもインクジェットプリンターでも
壊れても修理できれば5年でも10年でも寿命が延びる

ただ、プリンターメーカーが部品を例えば
7年とか供給を区切っていることが多い

7年たったら部品がすぐなくなるってことはないと思いますが
部品がなくなれば出来る修理もできなくなる

想定外刷れば寿命が短くなる
特に小さなプリンターや安めのは

LBPメーカーは多い

レーザープリンターメーカー

富士通、カシオ、DEC、ミノルタ、NEC、エプソン、メモレックス、日本ICS
IBM、京セラミタ、サンヨー、東芝テック、東芝、沖、ブラザー、JDL、アプティ
三菱電機、アップル、ユニシス、セイコー、日立、富士ゼロックス、ソニー、QMS
キャノン、シャープ、NTT、HP、パナソニック、JBCC、カルコンプ、リコー
兼松、ICS、MJSなど

現在活動していないメーカーもあるかもしれませんが
サンヨーなんかは、ブランド廃盤になりますよね

約30社ほど存在します

この中から選ぶべきメーカー1-3社答えるのは、困難です
ただ、過去のシェアやOEM状況などから絞っていけるはずです

30社あるが選ぶべきメーカーは、限られている
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。